(c)igaki photo studio

オペラ (1幕7場) (2020)

台本: 平田オリザ

登場人物: レイ/アメ(ソプラノ)、ユミ(俳優)、ヨシエ(俳優)、シズカ(俳優)

編成: fl, cl, bsn, pn, vl, vla, vc

演奏時間: 80分

委嘱: 豊岡演劇祭

初演: 2020年9月13日 - 豊岡市民会館、平田オリザ演出、中堀海都指揮

備考: このオペラは小説「ノルウェイの森」(村上春樹著)を参考に作られた。また、三つのアリアは個別に演奏されることがある。

⼀⼈の⾔葉をなくした⼥性が、もがきながら彼⼥の「うた」をアリアとして表現する。⼀⽅で三⼈のサナトリウムに暮らす⼥性は、初めて海を⾒た時のことを話し始める。アリアと演劇が交互に現れ、対⽐されながら、⽣と死の狭間で揺れ動く⼥性たちの気持ちは、やがて ⼀つの光の世界に向かっていく。新しいスタイルのオペラの中で、そこにある⼼の中の世界に没⼊していけば、⽬を逸らしていた現代社会の歪みが浮かび上がってくる。

1. イントロダクション「風」

2. アリアⅠ「無い」(=零Ⅰ)

3. 演劇Ⅰ「初めて海を見たときのこと」

4. アリアⅡ「霞の森」(=零Ⅱ)

5. 演劇Ⅱ「海と空がつながっていた」

6. アリアⅢ「インセキュリティの海」(=零Ⅲ)

7. エンディング「光の戯れ」

---個別のアリアの初演と再演---

零 Ⅰ

ソプラノとアンサンブルのための (2015)

編成: Soprano, fl, cl, pn, vl, vc (+bsn, vla)

演奏時間: 14分

委嘱: クヘミア・アンサンブル(ミシガン大学)

初演: 2015年8月21日 - クヘミア・アンサンブル 南米ツアー、Soprano:エイミー・ペトロンジェリー、コルドバ国立大学(アルゼンチン)

再演:

2015年8月22日コルドバ国営ラジオホール(アルゼンチン)

コロンビア初演: 2015年8月27日 - コロンビア国立大学、オラブ・ルーツ・ホール(コロンビア・ボゴタ)

アメリカ初演: 2015年9月25日 - ブリトンホール(アメリカ・ミシガン州)

2016年2月6日 - ベスレヘム・ユナイテッド教会(アメリカ・ミシガン州)

2016年4月9日 - クヘミア・アンサンブル アメリカツアー、ケリータウン・コンサートハウス(アメリカ・ミシガン州)

2016年4月10日 - クリフトン文化芸術センター、シンシナティー(アメリカ・オハイオ州)

2016年4月11日 - ウェイン州立大学、シェイバー・リサイタルホール、デトロイト(アメリカ・ミシガン州)

ブライアン・M・イスラエル賞: 2017年1月22日 - エバーソン美術館、シラキュース(アメリカ・ニューヨーク州)

日本初演: 2017年9月16日 - 武生国際音楽祭、武生アンサンブル、アンドレア・ペスタロッツァ指揮(日本・福井)

ロシア初演: 2019年5月24日 - サンクトペテルブルク国際現代音楽祭、スタジオ・フォー・ニューミュージック

 

備考: ブライアン・M・イスラエル賞

ディスコグラフィー(アルバム): Voyages (2016) Album by Khemia Ensemble

零 Ⅱ

ソプラノとアンサンブルのための (2018)

編成: Soprano, fl, cl, pn, vl, vc (+bsn, vla)

演奏時間: 13分

初演: 2018年9月9日 - ロワイヨモン財団・コンサート、Soprano:ジュリエット・フレイザー、メイター・アンサンブル、 ジェイムス・ウィークス指揮(フランス)